本文へスキップ

学生ローンの活用術・学生ローンで少しでも得する方法


学生ローンの活用術・学生ローンで少しでも得する方法

学生ローンの活用術(損をしない為のポイント)は、8つあります。中でも利息は重要ですが、現在ではどの学生ローンもほとんど差がないので、それ以外のポイントについて解説したいと思います。

@金利だけにとらわれない
Aキャンペーンを利用する
B「学生ローンを利用したい」という友人がいたら、「紹介」にする
C目的ローンを利用する
D短期利用はクーリングオフを利用する
E借り入れは、できるだけ少ない金額おさえる
F複数の学生ローンに分散せず、なるべく1社か2社程度にまとめる
G月々の支払いは、ネットバンクを利用し、学生ローン会社と同一の銀行口座を設ける




@金利にとらわれない
現在では学生ローンの利息には、ほとんど差はありません。
むしろ、遅延利息や遅延になるまでのサービス期間が学生ローンには設けられているはずです。
ついうっかり、支払いが4〜5日遅れてしまうことはよくあることです。
例えば、ゴールデンウィークや正月休みなどの長い休みが続く場合、つい遅れてしまうことがあるので注意が必要です。
こんな時にサービス期間の日数によって、延滞利息が適用されるか、通常利息で計算されるかは大きな差となります。

Aキャンペーンを利用する
学生ローンでは各種様々なキャンペーンを企画しております。
その内容によっては、金利で優遇されたり、与信枠で優遇されたり、紹介料やプレゼントなどに差が出ます。
キャンペーンの実施については、学生ローン各社のホームページで確認すると良いでしょう。

B「学生ローンを利用したい」という友人がいたら、「紹介」にする
広告媒体として、「看板」や「インターネット」よりも、「紹介」の方がいろいろな特典がついてくる場合が多いので、友人には貴方の紹介と言ってもらうようにしましょう。
紹介料のUPや、金利の引き下げ、景品のプレゼント、与信枠の引き上げなどがあります。

C目的ローンを利用する
学生ローンによっては、商品の一つに「目的ローン」があり、例えば利用目的が「旅行」であれば、それを証明できる書類を提出することによって、金利が大幅に優遇される場合があります。
利用目的がはっきりとしていて、目的ローン適用のものであれば、申請しない手はありません。

続きは次のページで、D〜Gについて解説致します。